Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

下見を兼ねて北上2



 メキシコ料理店の下見を兼ねて北上した私は、

 時間があったのでさらに北へ進むことに・・・

20100420133904.jpg ここは、泡盛でも有名な「残波」の残波岬。読谷村の真西にあります。崖でいえば、「万座毛」かもしれませんがここは、意外と穴場かもしれませんね。人が少ないんで。灯台のてっぺんにも登れるので(有料)いい景色がみれると思いますよ。








20100420151350.jpg ここは、一度は来てみたかった場所で奥に見える島が
古宇利島、手前の橋が古宇利大橋です。写真の通り、
海の上に橋が架かっているので景色は圧巻です。海も
すごくきれい。でも、家の近くの米須海岸のほうがキレイ
かも??








20100420153536.jpg  ちょっと見にくいかな~奥の橋を撮ったんですけど
 結構長い橋だってわかりますか??歩道もあるんで
 歩くこともできます。そしてこの海の色!!
 やばいねー♪








20100420160452.jpg 

ここは島の北側に位置する海岸地帯。潮が引きすぎてて
水が少ないですが、景観は素晴らしいですよ。








20100420160022.jpg 
 これ何か分かりますか?ウニです。ここの漁協が育てて
 るらしくていっぱいいるんですよ。海の中でウニみたの
 初めてです。他にも得体の知れない生き物が数知れず。
 なまこみたいなウニョっとしたやつとか、ムツゴロウみたい
 のとか・・・びびりました






20100420163235.jpg
この真ん中にいるの、よく見てください。小さい蟹です。
白いから見にくいですねー。他にも大きい蟹もいまして、
すばやくて撮れませんでした。








20100420161526.jpg 
 ここは、何十分も歩いていかないと着かない「渡計浜」
 と思いきや、そのとなりの浜でした。景観が似てたもので。
 潮がかなり引いてたので海岸沿いをひたすら歩きまして、
 挙句の果てにもう一個先だったとは・・・。渡計浜の正規の
 ルートはジャングルみたいな中をひたすら歩きます。
 でも看板もないのでどこから入ればいいかわかりません。
 私は、見つけました。怪しげな入り口を。
 人が来ないのでプライベートビーチになること間違いなし。
 行く勇気があればですけど!?



 古宇利島の海岸は波も割れていてサーフィンできるとおもいました・・・が

 ウニとか生き物がいっぱいいるので個人的に無理です。

 でも、すごいのんびりした島で都会の疲れを癒しに来るにはいいトコだと

 思いますよ。橋の入り口付近にはカフェや、道の駅的なものもあるので

 お茶をしながら沖縄の風を浴びてみてください!!
category
観光
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。