Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

クマちゃんカレー

 今回は、カレーです。でも普通のカレーとはちと違います。私は、キーマカレーが結構好きで、でもなんか物足りないんで改良しました前の店では、たまに作ってましたね。ではスタート


20100217203155.jpg
1)まさかですけど、ルーから作るなんて思わないで下さいね市販のルーで問題ないです。作ってもいいかも知れませんが、専門店の味は、私には会わないし初めから作ったら一日かかっちゃいますよ。私が、いつも使うのはこちらです。でも、ルーによって味も違うので好みのを使ってくださいね。他の調味料は、バター、しょうゆ、ウスター、ニンニク、生姜、黒胡椒だったかな今回は、準備がなかったんで使いませんがチキンコンソメ、酒(白ワイン)も本当は使います。

 

 

20100217185959.jpg 

2)今回、使用した材料は豚ひき肉、にんじん、たまねぎ、ピーマンです。すべてみじん切りにしておきます。細かすぎると煮たときに、溶けてなくなってしまうので荒めにカットしましょう。野菜は好きなものを入れてくれて良いと思います。ただ、じゃがいもを入れる際は、入れすぎるとドロドロになってしまうので注意!!

 

 

 

20100217190602.jpg 

3)鍋がないので、深めの炒め鍋でやってますが普通の鍋を使ってくださいね。まず、鍋にバターを溶かし野菜を炒めます。バターの量は20~30グラムくらいですかね。バター好きなんで私。油で炒めるよりコクがありますからね。たまねぎの色が変わり始めるくらいまで炒めます。ポイントは、焦がさないようにかき混ぜながら炒める事。焦げてしまうと、出来上がり黒いのが浮いて見た目が悪いですからねー。

 

 

20100217190753.jpg 

4)野菜を炒めたところで、ひき肉を入れます。ここでも焦がさないように気をつけましょう。全体的に肉の色が変わったところで酒を入れます。ホントは白ワインがいいです。酒とは違う旨みと香りと酸味があるので。

 

 

 

 

20100217192516.jpg 

5)次に水を入れますが、できることなら水ではなくスープがベスト!ちょっと野菜を多く買っておいて簡単なブイヨンを作っておくとか・・・。でも水でも大丈夫!そして、ここで下味をつけましょう。しょうゆとウスターは同割り(同じ割合)写真のように薄く色着くくらい。あと、すりにんにくをスプーン一杯くらい、しょうがスプーン半分くらい、黒胡椒は表面全体に浮くくらい。ポイントは、あくまで下味なので入れすぎないこと!仕上がりが濃くなってしまいます。うっすら味つく程度でね

 

 

20100217193330.jpg 

6)書き忘れましたが、水は炒め野菜の表面より1.5~2センチくらい上まで入れます。でもあまりつゆっぽくしたくなければ、同割りでもいいと思いますよ。5)の時点で沸騰してアクをしっかりとって、少し火にかけたらルーを入れましょう。このとき、ルーを少し刻んでおけば、固まりが残らずきれいに解けますよ。ルーが溶けて、少し煮込んだら味を確認しましょう。仕上げに生クリームを一回しくらい入れると、まろやかになりますよ

 

 

20100217193801.jpg 

7)完成は、こんな感じです。野菜がたくさん入っているので、ルーは辛口ですがとても甘みがあってグーですよ今回はベーシックな盛り付けにしましたが、クマちゃんスタイルは盛り付けが違います。まぁそれは、お店できたらのお楽しみで

 

 

 

 

 今回の材料は、ひき肉約300g、にんじん一本、たまねぎ一つ、ピーマン大きめ一つ、ルー1/2箱。結構、量ありますよー記事を参考に、ぜひあなたのオリジナルカレーを作ってみては

スポンサーサイト
category
料理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。